再利用して資源を有効に使おう

>

世界中で勧められている取り組み

代用品を探してみよう

リサイクルしたとしても、少しは有害物質が発生してしまいます。
それでは年数が経過すると、地球は有害物質だらけになるでしょう。
生き物が暮らせなくなるので、最近は有害物質を発生させない取り組みに注目が集められています。
最初からプラスチック製品を使わなければ、ゴミが増えることはありません。
みなさんも、ゴミを減らすためにはどのような取り組みをすれば良いのか考えてください。

おすすめは、プラスチックを代用することです。
これまでプラスチックを使っていたものでも、他の素材から作られた製品で代用できるかもしれません。
まずは身の回りで、何にプラスチックが使われているのか調べてください。
すると代用品を探しやすくなります。

飲食店で取り組んでいること

多くの飲食店では、ストローを廃止しています。
ストローはプラスチックでできています。
ですからお客さんに提供するためとはいえ、たくさん使っているとゴミが増えてしまいます。
基本的にストローはつけないでドリンクをお客さんに提供して、どうしても必要な人だけ申し出るスタイルのお店が多いです。

ストローを廃止していないお店でも、必要なかったらその旨を伝えてください。
自分が積極的にリサイクル活動に貢献していれば、周囲の人もマネするかもしれません。
最初はストローがないと違和感を抱くかもしれませんが、慣れればストローなしでも飲めます。
必要ないなら、もらわないでください。
少しでもゴミを減らす取り組みが、世界樹で推奨されています。