プラスチックリサイクルのリアルな現状と未来

再利用して資源を有効に使おう

リサイクル活動に貢献しよう

プラスチック製品はリサイクルされると、別の製品になります。 何度も同じ資源を使っていれば、新しい資源を使わなくて良いので節約できます。 1人1人が意識しないと、地球上に残っている資源を守ることができません。 積極的にプラスチックを、リサイクルに出してください。...続きを読む

正しい回収方法とは

間違った方法では、プラスチックを回収してもらえないので意味がありません。 正しい方法を事前に知ってください。 ペットボトルと似ているので、間違える人が多いです。 不安なら調べてから、回収してもらった方が良いでしょう。 間違った知識では、リサイクル活動に貢献できません。...続きを読む

世界中で勧められている取り組み

今はゴミを出さないことに重点を置いて、世界中が取り組んでいます。 プラスチックを無駄に使わないことがゴミを減らしたり、資源を守ったりすることに繋がります。 みなさんも、プラスチック製品を何かで代用できないか考えてください。 するとプラスチックを使用する頻度が減るでしょう。...続きを読む

リサイクルされたその後

プラスチックは、燃えるゴミとして出せません。
正しい方法で処分することが大切です。
その一つがリサイクル。
リサイクルすることで、新しく別の製品に生まれ変わります。
また同じプラスチック製品になることもありますし、衣料品など全く別の製品に生まれ変わることもあります。
リサイクルすれば、資源を無駄に使うことはありません。
プラスチックの原料だって限られた資源なので、大事に使わなければいけません。
リサイクルを常に意識して、分別しましょう。

スーパーなどに行くと、プラスチック製品の回収箱が見つかると思います。
魚や肉の入ったトレイが、プラスチック製品に含まれます。
綺麗に洗って乾かしてから、回収箱に入れてください。
またペットボトルとプラスチックはよく似ていますが、素材が全く異なるものです。
混同しないように、注意してください。
ペットボトルとプラスチックでは、リサイクルの方法が変わります。
混ざっていると、間違った方法で処分してしまうかもしれません。
それは、リサイクル活動になりません。

今は綺麗な自然を後世に残すために、プラスチック製品をあまり使わないように世界中で推進されています。
カフェなどに行くと、プラスチックのストローを渡されることが多いです。
ですが余計なゴミを減らすために、ストローを廃止するお店が増えています。
お弁当用のスプーンなども廃止するコンビニが多く、最近はそもそもゴミを出さないという取り組みに重心が置かれています。